耳をカバーする

耳で音を聴くことができないことを難聴といいます。難聴にも重度、中度、軽度のものがありますが、50デシベルの音が聞こえないと通常学級での学習は困難であると言われています。 また種類は、伝音性難聴、感音性難聴があります。伝音性とは、音が外耳・中耳を通って内耳に伝わることができないことです。感音性とは内耳に異常があり、音が伝わらないことです。 補聴器の使用に効果があると言われているのは、伝音性の難聴です。 補聴器を専門的に扱う店舗は、全国各地に存在します。専門的に扱う店舗には、認定補聴器技術者や言語聴覚士などが在籍しています。それらの人々が、聴力の程度に応じた補聴器をアドバイスしてくれます。また、電器店などでも販売しています。

難聴の人々の聴力の支えとなるのは、補聴器です。難聴の程度が軽度であればそれを利用すれば、通常の生活を難なく送ることができます。 補聴器の種類も多く研究開発され、発売されてきています。装着していることが目立たないようにする色や形状、大きさなど、使う人々の気持ちになって作られています。 補聴器のタイプには、耳穴、耳かけ、ポケットタイプなどがあります。より軽く、小さいもので、装着していても目立たないものが多いです。サービスとしては、電池交換、修理などを無料で行ってくれる保証期間なども存在します。また最近では、補聴器を購入する費用を一部負担してくれる市町村などが出てきました。高額な金額である補聴器をより多くの人が利用できるように、そのような制度も作られてきています。